2009 年 4 月 のアーカイブ

2009年430

世界を席捲する中国のピープルズパワー、その原点は「華僑」であり、学生「5・4運動」、今年は90周年か。

中国がかって国全体が貧しかったころ、自国で生きてゆくのを諦めて、先人達は新天地を、求めて福建省などの住民を中心に言葉が出来るかどうかに関係なく、懐にいわゆる「3刃」という「料理用の包丁、床屋用ハサミ、洋服仕立て用のハサミ」などの3種の神器を忍ばせ、世界中に出かけ、とりあえず店がなくても路上で出来る「食い物屋」、床屋、服の仕立・修理屋をして生活の糧を得て、いまや世界中にチャイナタウンを形成、国によっては一大勢力になって「華僑」として大活躍している。中国人とは耐えて、生きていける強い国民なのである。いまの派遣で騒ぐような権利ばかりを主張し、義務を果たさず、労働をおしみ、道徳を忘れ、人生を安易に考え ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年429

中国の金&外貨保有高はドル本位制に風穴を開けることができるか。そして上海自動車ショーは本物?

今日「29日」は亡き昭和天皇の誕生日である。大正天皇のご健康がすぐれなかった為、昭和天皇は皇太子時代から名代として海外や戦地に赴き、また戦後は米国や海外諸国との関係で多くの苦労をなされ、ある年代以上の国民には未だに残念ながら天皇と言えば「昭和天皇」を思い出される方が多いのではないだろうか。
29日中国の現地紙によれば、家電製品販売「国美電器」で大儲けし、中国の大富豪と言われた「黄光裕」が株価操作・贈賄等の容疑で逮捕、今は留置場にいるが、先日、自殺を図り、未遂に終ったと報じている。彼の資産形成には密輸や政府関係者へのワイロなど多くの問題があり、その揉み消しのために「消された」のか、関係者からの圧 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年428

中国との国境緩衝地帯にミサイル基地建設の先軍国家北朝鮮と空母製造着手も近い軍事大国中国

日本と領土・領海の所有権を争っている尖閣諸島などの東シナ海海域、フィリピンやベトナムとも同じく領土・領海の所有権を争う南シナ海海域、ともにあんなに広大な国土を保有し、資源も豊富な中国はまだ欲しいのか。人間の欲望ばかりか、国の欲望もエンドレスである。そして、中国はインド洋も中国の影響下に置こうと、インドと内陸国境紛争ばかりか、海においても覇権を目論んで揉めそうである。一部では首都東京から小笠原諸島を結ぶ太平洋海域までを「第二列島線」と評して、中国の警戒管理下に置こうとの計画もしているようだ。
そんなに広大な海域を常に監視活動するためには空母が必要であり、以前より言われていた「空母」の建造がいよい ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年427

ITデジタル機器のブラックボックス「ソースコード」の強制開示でIT技術と国家情報力強化を目論む中国

中国と言う国はロシア同様、あるほんの一部の技術を除いては「技術後進国」である。それを一気に解決する手段として昨年一旦は各国の厳しい反論に出会い、諦めかけていたデジタル機器のブラックボックスである「ソースコード」の強制開示をこの5月から実施すると発表し、世界のITの先進国であり、中国に機器の輸出や工場をもつ各国、および企業が世界の常識から著しくかけ離れた「中華思想・中国中心」主義に大反論をしている。昨年発表時はこれほど世界経済が落ち込んでいず、中国頼りでなかった世界経済がいまでは一時的にせよ電話加入者数が「10億人」突破の中国の内需拡大と相まって、世界経済がマイナス成長の中で、数少ないプラス成長 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年427

看護師2万人が過労死予備軍と言われる中、インドネシア人看護師候補者全員が国家試験不合格?!

インドネシア、タイ、フィリピンなどの東南アジア各国は国内産業を育成してこないで、外国への出稼ぎに頼る政策が国家のGDPの大きな比率を占めている。
インドネシアでは第二陣の日本への看護師や介護士希望者を募集し、かの国にとっては国内で同業に就くよりもはるかに高給な日本を目指して予想を上回る応募があったが、受け入れ側の日本の方で、彼・彼女達を受け入れる病院や介護施設の応募が少なく、結局、第二陣の出発は遅らせ、日本の受け入れ施設募集期間を延長し、より多くの施設の参加を待つことになった。
そんな中、昨年8月に第一陣で来日した「104人」のインドネシア人看護師候補者達は日本語研修をしつつ、受け入れ施設で実 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。