2009 年 5 月 のアーカイブ

2009年531

建国60周年、4日天安門20周年の今、弾圧される「ウイグル族」の聖地には時期八ズレの「降雪」が  

25日から26日に掛けて中国西部内陸部のウイグル族が多く居住する地域に30年ぶりの時期外れの降雪があった。いま、中国は建国60周年、まもなく来る6月4日の天安門事件20周年を控え、ネット、報道、言論、集会などあらゆる規制がふだんにも増して厳しくなっており、特にウイグル族が多く居住している「新疆ウイグル自治区」は厳戒態勢と言われている。この降雪は「怒り、涙、悲しみ」か、多くのウイグル族の気持ちを代弁していることだけは間違いないだろう。
 
ウイグル自治区はいま、14の空港が稼動しており、加えて今後の開発に向けて3つの空港建設も進んでいるが、中国の西部開発計画では「レアメタル・石炭・原油など各種天 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年530

北極圏で予想の「2倍」の天然ガス、原油の埋蔵量が判明、その多くはロシア領だが日本にもチャンスが

日本は天然資源は無いに等しい国家ゆえ、資源を求めて戦前は中国等へ侵攻したりしたが、戦争の多くは資源戦争であり、そのための領土拡大である。国土が広く、十分な資源があっても戦争へと、人間の欲望はいつの世でも変わらないようである。もっとも、日本は資源が乏しい分、技術開発、加工貿易で今の国家の繁栄を手にしているが、イランのように「天然ガス・原油」など資源豊富で、北朝鮮とジョイントしての「核開発やミサイル開発」に邁進するも、政治体制や国家指導者、宗教、言論規制問題などで国内は「貧しい」国民で溢れ、不満が鬱積していて、敵は「米国」と友好国「北朝鮮」と極めて共通点がある国家もある。
 
イラクでは南部「アハ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年529

政治家の元の職業でお国柄が分かる。いかに国家観を持ち、国民への思いやりがあるかが問題だ。

日本では「世襲議員問題」で、与野党入り乱れてその是非が大論争であるが、反対論者の多くは、出来の悪い息子を抱え、選挙が危ない議員達が多いようである。もっとも、出来が悪ければ有権者がその判断を投票時に行動に出るわけだが、地方においては特に過去のしがらみで、政治能力を加味しないで選ぶ傾向が強いのも事実であるが、ネット社会になってからは価値判断基準も変わりつつあるのも現実である。安心するなよ!甘くないぞ能力無き世襲議員諸君。
 
日本では、国会議員といえば前職は、官僚、弁護士、親が議員の秘書、医師、企業経営者、地方議員からなどが多いが、世界ではそれぞれお国柄が出ているようである。世間知らずの人間だけは ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年528

中国の特許申請件数は世界最大に惑わされるな、その中身、申請技術レベルが問題だ  

中国は先進各国に比べて技術面で基礎研究が遅れているが、先端技術に程遠い、レベルの低いどうでもいいような、先進各国では申請しないような特許を数多く申請、その件数は世界一であるが、同じくレベルの低い評論家や技術に疎い中国通は、中国は特許の申請件数では世界一で、このまま行くと日本は技術立国を追い抜かれる等と「あー勘違い」、そんな中国、カネならあるぞとばかり「金」を米国の管理を潜り抜けて買い漁り、今では約1054トンと世界第5位の保有量である。因みに1位は米国の約「8134トン」、2位はドイツの約3413トン、3位はIMFの約3217トン、日本は約765トンである。
 
前述の技術に関しては英国エコノ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年527

「物言えば唇寒し」が今の中国。見ざる、聞かざる、言わざるで中国の民主化は進むのか?

天安門事件「20周年」を控えた中国では内陸部各地を中心に農民、学生、市民の不満が鬱積して、暴徒化し暴動を起こし、地域の公安局・市庁舎への襲撃と発展していることがことが、ネットを通じて中国中に伝わってゆく時代である。いくら北京中央が管理を厳しくしても、あの広い中国を漏れずに押さえ込むということはいかに不可能かの証しのようなものである。
 
今、その中国では、警察官が権力を行使した市民への暴行事案が数多く各所で発生、それに対して、市民の集団抗議が相次いでいる。5月19日には、甘粛省白銀市で交通事案で、20日には北京で地方から来た直訴者が警官から暴行を受け自殺、それを放置したことで大騒ぎに。こんな程 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。