2009 年 7 月 のアーカイブ

2009年731

飢餓を横目に北朝鮮の携帯電話普及台数「4万5000台」、さすがの中国も北朝鮮制裁に本腰か?

飢餓、貧困に苦しむ北朝鮮の庶民を横目に、闇ビジネスで儲けた商人や、官僚に取り入って利権を得ているビジネスマン、果ては軍の幹部たちは北朝鮮では特権階級であるが、それらの顧客予定者たちを見込んでエジプト・オラスコム通信企業はピョンヤンを中心に「携帯電話会社」を2002年にスタートさせるも、一度は挫折、昨年12月に再開後、先月末現在で加入者は4万5000人になったことを29日米国のVOAラジオは伝えている。幹部公務員の携帯電話の使用が制限されている中、訪問する外国人のために近々、ネット用高速パケット通信も開始するとしている。因みに加入費用は3~4万円、通話料はデポジットカード払いとのこと。今後、携帯 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年730

米中会議で立場が弱い米国、中国は再び株、不動産バブル再燃の中、ゴミの量は国家発展の数字?

米国もかつての「世界で一番主義」のプライドはどこへやら、中国に米国債巨額保有という人質を取られての「人権」抗議では、歴史の違う中国人からはその迫力のなさは見透かされている。ワシントンでの「米中戦略・経済対話」会議は米国債最大の保有国に対する米国の「ごますり」会議で幕を閉じたようである。
 
ここにきて再び中国は「経済バブル」に入るのかとの懸念が不動産、株取り引きで見え始めてきたようである。不動産に限れば、北京において「投機目的」での不動産購入・投資があるレベルの層を中心に再燃している。これは、かつての日本のバブル時と同様であり、これの原因は人口の都市部への大量流入を見越した需要予測での不動産投 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年729

慰安婦問題で日本を追及する韓国は売買春で海外で大恥、北はやはりオーストリアを舞台に悪だくみ?

慰安婦問題では日ごろ、日本をやり玉に挙げている朝鮮半島のみなさんであるが、最近は韓国政府も国の恥とばかりに、韓国人の出稼ぎ売春を厳しく取り締まるとともに、男性の海外での買春に関しても厳しい法律で縛りを設けている。韓国のマスコミもあまりにもひどい海外での韓国女性の出稼ぎ売春に厳しく紙面で対処、それでもあらゆる方法を駆使して出国し相手国に入国、先日も神奈川県・川崎市での取り締まりは記憶に新しい。男女がこの世にいる限り好不景  気に関係なく紀元前からの最古の職業ゆえか。
 
昔より、船員仲間では「港、港に女あり」と言われているようだが、太平洋の島々の小さな国々は産業もなく、水産資源はあるも、ビジネス ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年728

世界ウイグル会議議長の来日に対する中国政府の圧力とは?ウイグル事件の大きな原因は権力闘争

中国政府のビザ発給妨害がなければ、世界ウイグル会議議長「ラビア・カーディル女史」が今日28日、来日する予定である。29日14時からの内幸町・日本記者クラブでの記者会見や30日18時からの市ケ谷・旧私学会館(現アルカディア)での市民対話集会が設定されるも、ここでも、あの長野での北京オリンピック聖火リレーでの駐日中国大使館筋からの指令で動く「エセ愛国主義者」の大規模な「歓迎・応援」旗振り、今回も日本在住中国人たちの中の一部愛国主義者と称する者達を動員した「ウイグル反対」のデモを仕掛けることが危惧される。もし、それが実施されればウイグルでの政府主導?漢民族騒動の何かが分かるヒントになるかも知れない。 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年727

中国ではWINDOWS 7がもう70円で販売、ブランド戦略努力せず、韓国の携帯は世界シェアー30%!

立ち上がりが遅く、XPに対して評判が悪い「WINDOWS VISTA」、顧客からの厳しい裁定に新たに「WINDOWS 7」なる新モデルをこの10月に発売することになった。しかし、あろうことか新作映画が試写会で撮影され、即コピーDVDが発売される中国、「WINDOWS 7 」がわずか「約55~70円」という価格で海賊版が出回っているという。相も変わらず、知的所有権なぞどこ吹く風のさすが中国である。この元になったのは特定ユーザーや団体にテスト用として提供したRC版をコピーしたようで、これでは中国では安心して事前ソフトを開発会社などに提供はできず、結局、中国のビジネス衰退につながることになるが。
  ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。