2009 年 8 月 のアーカイブ

2009年831

今の中国経済は‘87年の株価暴落での日本の対応と同じようだ。この後は長期不況?若者のモラルも・・

1987年10月のブラックマンデー、日本は株価暴落に対し資金をじゃぶじゃぶとマーケットに供給、今の中国はまさに同じ状況ではないだろうか。中国で8年間金融理論を教えている欧米系教授は今の中国経済を日本の株価暴落対策と酷似しており、今後、中国は長期不況を経験する恐れがあると警告している。87年当時の日本はまさに世界の経済の機関車役で最大債権国にして、世界経済唯一の希望の星だと、米国、英国、ドイツ、そしてIMF世界銀行までもが日本を持ち上げた。まさに今の中国を持ち上げる米国と同じではないだろうか。その後、日本経済は10年間にわたる長期の不況に陥り、今に至っている。中国もいまの異常な経済状況が落ち着く ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年829

中国、210品目以上が「数量」世界シェアトップ、しかしどの品目も各国が中国に生産を集中しただけ?

米国のエコカー助成金制度、あまりの人気に手当てした資金を使いはたしているが、エコをスローガンに車の買い替えを推進し、国内自動車産業、特に米国民族系メーカーである「GM・フォード・クライスラー」などの売り上げ増を狙ったつもりが、売上トップスリーはトヨタとホンダ車で、トップテンの内「7種」が日本企業ブランド、販売シェアでも50%弱を占めてしまったという。もちろん、これらのクルマもブランドは日本であっても米国現地工場で生産、米国人の雇用を発生させているから問題はないが。やはり、選ばれた根拠は「ブランド・燃費・耐久性・中古車時の価値・技術力・安全性・総合品質」そして長きに渡って築いた「信頼性」などでは ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年828

小沢民主政権誕生を待ち望む財界人と値上りが期待される銘柄。郵政改革から政権交代のフレーズで

小泉元総理ではないが選挙は単純フレーズの連呼が効果があると。前回の「郵政改革」から今回は「政権交代」、交代してどこまでできるか、何ができるかは問題ではなく、交代することに意義があるのだ?! 今回の衆議院選挙もマスコミ報道ではどうやら民主党の圧勝のようで、これからはどこまで自民党が落ち込みを抑えることができるのか、著名な大物政治家がどうなるかに興味が湧いてくる。世間では自民党の官僚丸投げ、国民無視の政治、意欲があってもそれが生かされない一部の人のみが幸せになっている「格差社会」を形成させてしまった政治手法、だから「自業自得」だ、自身の「ふところ」が痛まないことをいいことに、国民のためなどという偽 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年827

新インフルエンザで最大の危険は免疫抑制剤服用者だ。ワクチンも打てず、罹患したらそれまでか?

福島県大野病院・妊婦事件では「患者を救おう、最適な医療を」と医師がよかれと対応した結果が患者にとっては「不幸」な結果に終わったことを、医師のミスとして被害者関係者が医師を告訴、最近ようやく無罪となった医師は現場に戻ることができるようになるも、しばらく臨床から離れていたゆえ、あらためて最新の医療技術の研修をしているという。相談を受け、告訴をけしかけた関係者、医療のことも知らない親族がした発言・行動はその後の「医師の科目別の偏在」、特に産婦人科や外科など24時間勤務や命に即、かかわる科目への選択を医師がためらうことになり医学界の問題どころか国民の命まで大野病院事件の被害者関係者は奪う結果になってし ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年826

北朝鮮では15年ぶりの猛暑!国民が飢餓状況で、制裁効果も出た中、金は国連支援金で贅沢か?

江戸時代以来、江戸・下町の名園として多くの文人、墨客らに親しまれた「向島百花園」、脇を通る明治通りを散歩がてら通ると、「萩まつり・虫きき会」の掲示が掛っていた。今年は例年の夏とは違ってちょっとおかしな天候であるが、もう秋を感じさせる時期になったかと短い夏に思いを馳せて、政局の混乱、若者の意欲のなさなどふと我に返ってしまった。日本の天候異変もさることながら・・・
 
ピョンヤンの真冬は厳しい低温で有名であるが、北朝鮮では今夏、15年ぶりの異常な高温で、首都ピョンヤン始め、全国的に高温だったという。連日の30度以上で8月12日から16日までは34度以上、最高気温は「36.6度」にもなったという。こ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。