2009 年 9 月 のアーカイブ

2009年930

鳩山CO2「25%」削減は排出枠購入で達成を目論むのか?中国はCO2削減は受け入れ難と、この先

国連総会での温暖化ガス2020年までに「25%」削減でひとり悦に入っている鳩山総理や関係者、しかし、世界はそんなに甘くなく、日本が騒ぐほど世界では話題になっていないという。ガス排出は排出企業に対する立ち入り検査がある訳でもなく性善説に基づいた申告ゆえ、いくら排出しているかは確認のしようもなく、該当国のGDPなどからこれくらいは排出しているだろうが実情である。
 
世界の温暖化ガス・CO2排出は米国と中国が上位2国であり、この2カ国は京都議定書にサインはしていなのである。CO2排出権取引ビジネスも怪しく、危険性をはらむビジネスと業界に詳しい専門家はその危うさを指摘している。そもそも各国は自国で努 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年929

民主は国慶節に誰を派遣か?世界に60万人もいる中国スパイが留学生・華僑も動員で情報収集の今

民主党・鳩山政権になって初の中国・国慶節、まして今回は人間で言えば「還暦」に当たる60周年である。自民党に代わる新親中派が多数いる民主党政権の中で誰が代表として派遣されるのか、駐日中国大使館のリン女史等の運動が実って絶対的な親中議員が行くことだけは間違いなく興味が湧くところである。その民主党にとっては、自民党の今回の総裁選挙ではドラスティックな改革を標榜する河野氏はやはり選ばれず、やはり無難で裏で森元総理や町村氏が暗躍したとされる旧体制を打破できない谷垣氏が総裁に決まり、これで民主党にとってはよほどの失政が来年6月までになければ、来年の参議院選挙は良い成績が残せそうであり、参議院で過半数を押さ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年928

核兵器なき世界、環境などの理想論で終始した国連総会、持ちすぎた国は廃棄を提案も第三世界では?

先の国連総会では鳩山総理の「地球環境のための温暖化ガス25%の大削減案」やオバマ大統領の「核兵器なき世界」の2つの発言が大々的に取り上げられ、その「演説のうまさ」ばかりが目立つ理想論で終始した総会であった。持ちすぎた国が多少の核兵器を減らして、第三世界に核兵器が拡散するのを防ぐ狙いの今回の提案だが第三世界はそこをチャンスと逆なでするがごとく核兵器保有に走る国がでてるようである。
 
今回の国連総会で特筆すべきは、リビア・カダフィ大佐のキューバ・カストロ議長の記録に次ぐ制限15分を大幅に超える90分超の演説だった。その内容たるやどこの国も言いたくとも言えなかった正論であった。「大国も小国も対等と ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年927

待ってましたと公明党代表も本音を言い始めた「永住外国人への地方参政権付与」、民主はどう対応か

民主党政権になって顕著なのが「永住外国人に対する地方参政権付与」の議論である。この裏には民主党、鳩山代表や小沢幹事長の当該事案に対する賛同する意見があったからと思われるが、小沢氏は韓国・李大統領にも賛同の意を述べていて、地方選挙が国政選挙に影響する現代、法案の提出で喜ぶのは有権者減に悩む信濃街や一部の党であることは間違いなく、拙速な動きに走らず、十分な議論が必要のようである。
 
これに勢いづいたのが、予想通り公明党・山口代表である。公明党は次の国会に当該事案の議案を提出するという。公明党をバックアップする創価学会の有権者は減る一方で、今回の衆議院選挙や都議会選挙の結果をみても明らかである。そ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年926

世界で嫌われる半島人達、それは自ら嫌韓派を醸成している?北では正雲後継を否定、親父が実権を

残念ながら現実の問題として、この地球上では「差別」が存在し、人間は誕生して間もなくから、人種、肌の色、職業、生まれ、国などあらゆる条件の下で「差別」を生んできている。日本国内でも本音では多くの国民が嫌韓として存在し、特にビジネス面では特に顕著である。また、彼ら自身にも差別を受けるような行動が見受けられるのも事実である。筆者が初めて訪中した際、中国でもトップクラスの音楽家が私の知人の朝鮮族を指して、「彼は朝鮮族ですね!」と。わが国では朝鮮族は差別されています、なぜあたなは彼とお付き合いを、と尋ねられたことを思い出した次第である。
 
海外で嫌われ、差別を受ける韓国・朝鮮系民族、彼らもまた自国「韓 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。