2009 年 10 月 のアーカイブ

2009年1031

海外に出かけて外貨を稼ぐ韓国の売春婦が10万人、劣等感&被害者意識、混沌からから抜けせ韓国

韓国の著名メディアが報ずるところによれば、慰安婦問題で日本を糾弾している韓国からは今でも、海外に推定約10万人からの女性が多くは自ら売春目的で出国し、外貨を稼いでいるという。これは「最低でも」この位はということであり、カウントできないもぐりを含めると実数は10万人+アルファであることは間違いないだろうと関係者はみている。その遠征先は日本、売春合法の豪州、東南アジア、オーストリア、EU各国と広範囲にお客を求め大活躍、その裏では李明博大統領が努力している韓国の国際的な地位向上に努力している中、彼女たちは韓国の国際的なイメージ低下、ブランド力低下に拍車を掛けているようであり、親の気持ち子知らずとはま ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1030

中国も二重権力の暗闘、胡錦涛国家主席と江沢民代理人習近平副主席。海外訪問先でも表面化

中国は日本の東シナ海付近までを第一次の警戒線、東京から小笠原を結ぶ線を第二次の警戒線、つまり第二列島線として位置付けており、そのための艦船の配置や兵器の準備をしている。加えてインド洋、南シナ海などでも同様な警戒線を設けており、それらの地域を通過する艦船に対して、対抗できる兵器として最近「ASBM」(対艦弾道ミサイル)の開発を進めている。これは米国の空母や日本のヘリ空母への対抗策であり、まさに空母破壊を目的にしていることは明らかと言われている。中国のこうした軍事的な脅威は周辺諸国に大きな不安を与えるが、その中国は日本がヘリ空母型護衛艦を配置したさい、再び日本はアジア地域に緊張を与えるのかとは、鳩 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1029

中国から来日して分かったすばらしい国「日本」、偏向情報で多くの中国人は日本を誤解しているようだ

40歳になった中国人「李羨望」氏は中国でもそれなりの生活をしていたが、日本に夢を抱き、期待を胸に先進的な技術を学ぶために来日した。中国では偏向した日本情報しか得ていない彼は成田に着いた日から驚きの連続の日々であったという。綺麗な空気、蛇口から直接飲める水、夏になっても発生が稀な「ハエ」、そして役所やハローワークなどの公的機関の対応&接客態度、成田での入管の態度、レストラン&デパートなどでの顧客に対する過剰なほどのサービス、最後はやっぱり「法治国家」であることをしみじみ感じた「交通マナー」や国民個人には「自由と人権」が保障されていて、個人情報も過剰なくらい守られ、もちろんネットの閲覧やどこで何を ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1028

歴史は戦争の繰り返しだ。恨みの権化と化した朝鮮半島はベトナムに学び、先進国の仲間入りを

世界の警察官を自認する米国はいま、第二のベトナム戦争化したアフガニスタンでテロ掃討・安定化を、のお題目でイラクの兵力を移してまで神出鬼没で地元の地形、戦争方法に長けているタリバンなどのイスラム勢力と戦い、米国民からは「第二のベトナム戦争」だと言われ、アフガン国民からは喜ばれず、結果として安定化した後の中国のビジネスの為に貴重な米国の若い命を失っている。
 
そのベトナムには1965年2月7日、米国はB52爆撃機での北ベトナム爆撃、通称「北爆」で参戦、忘れもしない南ベトナム・サイゴンの米国大使館屋上からの脱兎のごとくヘリで逃げた日、1975年4月30日が米国にとっては屈辱の「サイゴン陥落」であっ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1027

「もろ刃の剣」の中国とのビジネス、知的所有権意識なく損失大だがビジネスも欲しい各国企業

マイクロソフトのOSである「VISTA」は最悪の評判・評価で、それではと消費者の意見を入れたXPの最新版のような「ウインドウズ 7 」が発売され、PC利用者は改めての出費を余儀なくされているが、世界経済においてはBRIC’s(ブラジル・ロシア・インド・中国)の後を追うように2010年も平均3%成長率を超える見通しで、個人消費を引っ張る若年人口比率が高く、資源が豊富な「VISTA」(ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチン)5か国は同じVISTAでもPCのVISTAのようにヘナヘナと落ち込んでしまわない野球でいえば、世界経済成長牽引車BRIC’sの「第二軍」となってもらいたいのが ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。