2009 年 11 月 のアーカイブ

2009年1130

ウォン安を背景に韓国の輸出が大伸びを示す中、現代自動車が日本から撤退、サムスンは冷蔵庫爆発

昨年の今頃は今年・2009年3月「韓国経済崩壊・金融危機」などと英国の経済紙に書かれ、国民、企業、金融機関、政府を挙げてクレーム、その原因は日本の金融機関からの借入返済が本年3月にあったからだが、日本政府の意向の基に日本の金融機関のなんらかの対応の結果か、その危機もどうやら乗り越え、あろうことか本年末では「債務国」からわずか1年で「債権国」になるようで、これもノムヒョン氏と違い李明博大統領の日本との融和政策で上手な付き合いができたからで、ビジネス界で苦労して得た成功経験を困難な経済状況の韓国政界での前向きな政策として実行に移した結果ではないだろうか。最近では世宗市問題で公約との違いから非難を浴 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1129

自分勝手な豪州とシーシェパード。ラクダ大量射殺、食肉牛大量生産なのにクジラ捕鯨は大非難

オーストラリアと中国は軍事や資源ビジネスで最近は揉めているが、それではと例により友好を深めようとパンダのお出ましとなり、アデレードで貸し出し式(→国際条約の関係で贈呈、売買はできない)が行われ、2頭のパンダが四川省の奥地からはるばる友好の期待の星として「赴任」した。今後は豪州も大切に扱うことになると思われるが、その豪州はあのテロ集団紛いの活動で知られ、日本の「捕鯨漁」を妨害する自然保護団体シーシェパードの出発港であり、首相自らクジラ漁を非難する国家である。
 
シーシェパードは今期からは新たに準備した高性能の船舶で、より強力な日本捕鯨団駆逐を目論んでいると言われている。豪州もシーシェパードもそ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1128

格差・弾圧・規制で庶民は各地で大規模抗議、かたや中国の公務員の95%に愛人?収賄は特権!

沿岸部に比べて収入格差が大きい内陸部や辺境地域の中国、共産党一党
独裁ゆえクレームをつけようものならただちに「弾圧・封殺」は日常である。加えて正しい情報を国民に得られては困る北京中央はインターネット規制をしている。もっとも、中国は13億人もの人口がいてあの国土の広さである、自由を与えるタイミングは非常に難しいのも現実であり、米国のように「合衆国制」にしようものなら、まとまりがつかないのも国民性からして当然だろう。こんな中国を小沢幹事長は600人からの大規模訪中団を連れて訪問するのだが、某君氏はこの中国を独裁で動かす共産党政権を羨ましく思うのか、はたまた、中国側が小沢氏の国政コントロールを胡派と ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1127

深まる亀裂、暗闘の胡主席派と江沢民派の中国に売国奴&過親中小沢大訪中団の危険な賭けとは

次回の全人大に向けて常務委員9人枠の過半数を抑えるために、いまや中国共産党幹部の間では、共青団系の胡錦涛グループと今は引退して無冠なるもその影響力は過日の国慶節60周年パレードで天安門上での席順で存在を示している江沢民前国家主席・グループ、この2派の間では溝が深まり、暗闘が続いていると言われている。
 
副主席で先日、妻が人民解放軍音楽隊付き歌手として来日した「習近平」氏、次期の国家主席最有力候補と言われる彼は、先のドイツ訪問の際はあろうことかボスである胡錦涛国家主席ではなく、派閥の領袖である「江沢民」の著作をメルケル首相に贈呈している。また、昨年のことではあるが、引退した日本贔屓で野中氏の朋 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2009年1126

大変だ!このままでは日本経済は収縮しちゃう。大規模な経済政策を!韓国は1年で債権国になったぞ

中国のひとり舞台を思わせる右肩上がりのGDP,しかし、それも物の生産より「不動産・株・金融」などの虚業ビジネス中心では不安定で先々が心配である。中国最大と言われる大富豪BYD社社長も「電池」ビジネスから発展して、構造が簡単な「電気自動車」で大儲けも、広州の自動車ショーでの展示車を見るにBYD社製の車の多くは外国車のコピーである。どんな手段を用いても儲けて富豪になってしまえば誰もがクレームなど言わない、言わせないと言うのが今の中国の風潮のようである。
 
そんな中国を米国のオバマ大統領が訪中したのはつい先日だが、大統領は緊張関係にある「インドと中国」の間をうまく天秤に掛けた外交活動をしたようであ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。