2010 年 3 月 のアーカイブ

2010年331

企業法人税率実質「30%」ではアジアのライバルに日本企業は勝てない。企業が意欲出る経済対策を

国民の大きな期待を受けてスタートした民主党中心の連立政権、どうやら「幽霊の正体見たり枯尾花」とはまさに今の政権、民主党にプレゼントする「ことば」のようだ。閣内混乱、党内混迷、国民無視の小沢暴君で日本沈没か?
 
最近、ネチズンの間では「戯言」として、総理は自身を「鳩」と思い、米国は「チキン」、欧州は「あほうどり」、中国は「鴨」、日本国民は「さぎ」、結局「ガン」ではないか、とここまで揶揄されて悔しくないのだろうか。「友愛」で政治がうまく行き、国民が幸せになるなら、努力する国民は誰もいなくなるだろう。
 
子供を中心に国民の他力本願を助長する各種の「手当」、公明党、共産党、社民党の皆さんは「税金を ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年330

中国は「共産党一党独裁国家」と言うことを忘れていないか、今の日本政府&日本人。信頼の根拠は?

最近の中国の話題と言えば、温首相の「中国の失業者は2億人」という発言である。日本始め海外に出稼ぎに出るのは古くから福建省を中心にした華僑でお馴染みだが、最近の中国人の出稼ぎ組の質は面子の国「中国」らしくないモラルの堕ちた状況である。首相の発言とは裏腹に沿岸部の広東省では農民工などの人手不足で賃金も上がり、労働環境にも投資をせざるを得ず、コストアップに、連鎖して輸出落ち込み、外貨収入の減少に結びつく悪循環で、アンバランスそのものである。
 
2つ目は100年来の「大干ばつ」での水不足、農産物不作である。オリンピックで人為的に雨を降らせることをするなら、積乱雲が無くとも環境汚染など一時的に無視して ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年329

韓国の経済力は世界10位というが、総合評価は未だに低いのはなぜだろうか。歴史・民俗的な国民性に起因か

北朝鮮の金正日総書記は、日本でもこの2つの病をリンクして治療できる医師は少ないと言われる糖尿病から慢性腎不全・CKDになっていて、人工透析を受けていると言われ、もはや生き延びる道は「腎臓移植」しか選択肢はないようだ。そんな中、北朝鮮と韓国がお互いに主張する海上国境がダブったことが原因で起きたのかとも疑われる、「韓国海軍艦艇」の原因不明の沈没事件、今後の沈没艦艇引き上げで判明する、直接的原因次第では北朝鮮と韓国との関係に緊張が高まることが予想される。思うに、古くは、韓国の故李承晩大統領が勝手に海上国境ライン(李承晩ライン)とも言われるような「線引き」をし、日本側の漁船が拿捕されたり、銃撃戦があっ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年326

労働力不足なのに日本への出稼ぎの不思議国「中国」、餃子事件の農薬は未だに販売真っ盛り!

地方参政権問題で揺れる在日外国人達。当初は在日と言えば「韓国人や朝鮮人」を指していて、当該法案も彼らを念頭に運動が進んできたが、ここにきて、在日と言えば「中国人」を意味し、年を追うごとに中国人は日本での存在感を増し、良きにつけ、悪しきにつけ外国人の話題を独占している。留学、就学、密入国、研修、短期滞在ビザ、観光、ビジネスと正規・非正規に関わらず、数を増やしているが、それに伴って、強制送還者もうなぎ昇りで、2009年度では29.2%が中国人であり、7年連続で首位?を保っている。彼らにとってはそれほど日本での労働「など」はおいしいということだろう。
 
目を中国本土に転じれば、これまで輸出商品生産 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年325

北朝鮮崩壊に備える韓国、覇権を目論む「中国」、国民は常に蚊帳の外で飢餓状態

北朝鮮という国は常識では理解しがたい国であることは関係各国が認めるところである。金剛山観光や開城工業団地問題では、韓国にぜひ参加するように誘うも一方的に契約を破棄、難癖をつけて韓国人を交渉カードにするために帰国させず、今度は突然、再び参加を促すも、韓国の返事が遅いと恫喝し、金剛山問題では韓国資産没収まで匂わせ、ワールドカップキャンプ地や親善試合では「カネを要求」したりと、何を基準に行動しているのか分からない、統制が取れていない、混乱した国家であることだけは間違いないようである。世界でもトップクラスの貧しさの国家である反面、一部の人間は携帯電話を持つ、超アンバランスな状況だが、その携帯の普及率は ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。