2010 年 8 月 のアーカイブ

2010年831

中国人、27歳で持ち家2軒の面子とは

ビザ条件緩和を受けて、訪日する中国人旅行団体が増加の一途、「トリスを飲んでハワイに行こう」以後、一時期の日本の農協や一般海外旅行ブームを彷彿とさせている。彼ら中国人旅行客は、一人当たりいくらくらいを日本で使って行くのか興味があるところだが、日本では欧米の旅行客と違って、彼らは買い出しも兼ねた旅行客でるということを忘れてはいけない。電気釜、電子ジャーポット、カメラなど「日本製」である条件の下、出国時に中国の親戚、友人、果てはビジネスとしてディーラーから注文をとってくる輩も。ゆえに彼らの手には、モデルナンバーを書いた「メモ」を握りしめ、銀聯カードで買いまくるのである。
 
一般外国人旅行者が使う金 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年830

サラリーマン生涯賃金を任期6年で稼ぐ参議院議員

いつから鳩山前総理はフィクサーになったのだろうか。菅首相には「友愛」が無いと言っているようだが、まるで、自身の「友愛政治」を踏襲しないから、私は「小沢暴君」の側に付く、と言っているようで、投票当日まで、小沢氏が立候補するかどうかは分からないと言うのが、鳩・暴君連合ではないだろうか。もし、小沢暴君政治になったならば、大粛清が始まることは間違いなく、これぞ正しく「毒をもって毒を制す」、いわゆる「ハイリスク」・ハイリターン政治の極みではないだろうか。
 
対外資産の世界一、国債発行残高904兆円なるも、国民一人当たりでは「711万円」、国債の95%以上は国内銀行など、国内向けで消化し、ギリシャなどの ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年827

子作りしなけりゃ新婚さんに現金贈るインド政府

今やパソコン無くして、社会は動かず、インターネットが無ければ情報さえ手に入りにくいのが現代社会である。コンピューターといえば「ウイルス」が必ず問題になり、多くの消費者も必ずや1回以上は感染して困ったことがあるだろう。パソコンセキュリティ会社の調査によれば、世界中で一番感染対策が進んでいるのが「日本」、最悪なのが「ロシア・トルコ」、米国は9位だったという。今の若者はパソコンさえあれば、ゲームもでき、万能と考え、女性にすら興味も持たず、増して結婚など論外で、仮に結婚しても「子作り」することさえ、生活がやって行けないなどと、かつての日本の大家族からはかけ離れた先進国特有の社会状況である。
 
人口が ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年826

タバコ大好き中国人は肺がん増産傾向

従来は環境問題、特に「健康・育児」問題には無頓着で、食の国「中国」らしく、何でもムシャムシャと、まずは腹いっぱい食すことに精一杯だった中国国民も、経済的な余裕ができ始めて、自身の健康、生まれ来る自身の子供・孫の健康に気を配る時代になっている。
 
特に、育児に関しては、自身の生活費を切りつめても「一人っ子政策」下でやっと手にした愛しい子供には「小皇帝」と呼ばせるくらいの溺愛がよく話題になる昨今である。子育てのための「おむつ」は日本製の「パンパース」でお尻が被れなくさせ、子供服は日本や欧米のブランド服を、もちろん体を形成する「粉ミルク」は日本の明治か豪州・欧米一流ブランドが定番である。低所得者層 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2010年825

金より素晴らしいものを見つけ海外移住する中国人

欧米系人種には「ボランティア」の精神が、アジア系の中国人や日本人などより強いようだと感じるのは筆者だけだろうか。社会的な立場や生活レベルに応じてボランティア活動はいくらでもできることを、障害者でもある筆者は毎年のサンタクロースでの保育園や老人施設の慰問活動で学ばせてもらった。
 
中国では富豪や大富豪と称する「成金貴族」が近年、続々と誕生しているが、その多くは知的財産権無視でのビジネス、環境無視の製造業、不動産売買、インサイダー取引での株取り引き、など俗に言う「正業」で長い期間を掛けて、知恵を駆使してビジネスをして、利益を継続して積み上げているという「富豪」の話はあまり聞かない。米国には真の大 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。