2011 年 3 月 のアーカイブ

2011年331

中国ビジネスのずるさを高速鉄道に見た

採算度外視で、面子のために営業距離を延ばす、中国の高速鉄道だが、その技術はカナダのボンバルディア、日本の川崎重工、ドイツのシーメンス、フランスのアルストムなど4社から導入している。中国側は、4社の技術を、割安な対価を支払って技術供与を受けていて、その後、その技術をベースに、中国独自の研究を加味して、中国に言わせれば、「中国独自開発技術」といまではなっていて、その技術をもって、海外での鉄道ビジネスに参入していると言う。
 
3月24日の人民日報では、いかにして廉価で各社から高速鉄道の技術を導入したかについて書かれている。因みに、導入に関与した当時の劉志軍鉄道部部長や運輸局の張曙光局長は、その後、 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年330

原発報道に苦悩するマスコミ

想定を超えた大地震と大津波、東北地方の太平洋側の各県及び茨城県、北関東各県は、未曾有の災害に見舞われ、その影響は日本の中枢である、首都としての東京の機能までに影響が出ている。東京の機能不全の影響は日本全国に及び、日本中の観光地は閑古鳥が鳴いていると言う。そこに、東京電力・福島第一原子力発電所の大問題の発生である。原発は危険なもの、だからこそ原発周辺地域には、危険手当とも言うべき、巨額の資金が地元に、原発決定の時から、稼働している間、長きに渡り支払われるのである。加えて、地元には、原発作業員として、雇用も発生している訳である。酷ではあるが、彼ら地元住民は、安全だと言っていたではないかと言うも、高 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年329

世界は日の出を待っている。日本企業復活は世界の願い

東北関東地震では、電力不足や部品供給難から、燃費が良く、信頼性が高い日本車の供給が、世界的にひっ迫することが予想される中、トヨタ、ホンダ、日産、マツダなど日本車代理店には、今後、顧客の殺到が予想され、奪い合いの状態になると業界では戦々恐々とのことである。中でも、燃費の良いハイブリッド車である、トヨタのプリウス、ホンダのフィットなどは、適正在庫が減少傾向にあり、つい先日までは、キャッシュバックしていたのが、最近ではプレミアム価格も登場していると言う。
 
日本では電気は潤沢に供給され、はるか昔にあった停電もなくなり、先進国の中でも、安定した電力供給体制を、原子力、水力、火力等でバランスよく行って ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年328

日本の地震から多くを学んだ中国国民と企業

日本人以上に、デマや噂に踊らされる中国国民、福島原発事故での放射能問題では、大好きな「カネ儲け」もそっちのけで、中国政府の指示もあってか、続々と本国に帰国している。彼らの多くは、自国がかつて地下核実験で、放射能をばら撒いたことを、政府が情報開示をしなかったことで、知る若者達は少ないようだ。また、今回の放射能の事案では、基礎知識が乏しいのか、中国人が異常に放射能を怖がることが分かってしまった。
 
特に、放射能を浴びてしまった際は、「ヨウ素」に効果があることから、ヨウ素はすぐ売れてしまい、それではとばかりに、「わずかな」ヨウ素を含有すると言われる「塩」に、国民は目を向けたようだ。しかし、過剰な塩 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年325

地震後の東電、政府の対応は「人災」だ

品位、品格と「面子」は違うことを、韓国人や中国人はご存じだろうか。よく言われることだが、中国人は面子を大事にする民族で、面子のためには借金もするし、妻や家族を裏切ることもあると言う。今回の大地震では、日本人は混乱の中でも、日本人としての「誇り」、品位、品格を前提にした行動が、各所に見られたことに、各国からは称賛の言葉で溢れ、日本国、日本人の「格」がたかまったようだ。
 
表面的にはパニックにも陥らず、韓国人のように悲しみを大げさに表現せずに、嗚咽のごとく「耐えて」、略奪もないことが、日本以外の各国からは、奇異にさえ見えてしまうようだ。強い精神、こころで、冷静に、威厳とも言える格をもって、「がん ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。