2011 年 5 月 のアーカイブ

2011年531

孫子の兵法ならぬ、孫氏の商法に翻弄される政治家

東日本大震災では、大津波が誘発され、それが福島原発事故にとつながり、世界の原発の是非論にまで発展し、反原発、脱原発機運が世界的な高まりを見せる結果を招いている。
タイミング悪く、日本では官民挙げて、原発を途上国に売り込んでいて、中でも、ベトナム、トルコは仮契約状況であった。
そのトルコの駐日大使は27日、都内で会見し、日本と交渉を進めているトルコの原発は、変更すことはないと表明、トルコの親日ぶりを示している。
この発言の裏には、原発事故は、日本の原発技術が問題で起きた訳でないことを理解しつつ、事故での経験が蓄積され、生かされている、日本の原発技術であると理解してくれているのだろうか。
 
福島 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年530

中国のカーナビは真実を伝えられない現実

海外には、強気の対応をする中国なれど、本当は中国自身も、中国製品の問題点は認めていることを、中国共産党機関紙「人民日報」では掲載している。
2010年度版「中国商業青書」では、中国企業の社会的責任が欠落していると指摘、偽造品、粗悪品の製造や販売、デマや風説の流布、納税意識の欠如と脱税、取引上の賄賂、社員への給与支払い遅延、法律を無視する行為、投資家への利益侵害などを挙げている。
企業の情報開示についても、西側レベルでは行われていず、たとえ行われていても、共産党政府同様、数字を操作しているのが現状である。今後は、政府の恫喝の影響を受けない、賄賂で手心を加えない、西側の中立的な監査法人の介入無くし ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年527

女はいいね!中国では愛人、乳母ビジネスが台頭

日本では、何を勘違いしたのか、就職難故なのか、大枚を使って大学を卒業した、女子大生の中には、「キャバクラ」で働く「キャバクラ嬢」に就職と言うのか、卒業後務める女子大生もいるようで、学生時代のアルバイトの延長感覚のようである。
 
日本を真似したのか、はたまた日本より先を行っているのか、中国では「愛人志望」、パトロン探しの女性、それも女子大生や卒業生が急増していると言う。
中国の愛人需要?は経済発展とともに非常に高まり、成金の富豪から、公務員、はては共産党幹部まで、みなさん愛人がいて、中には数人を囲う強者も最近ではめずらしくないという。
 
これらの需要に答えるべく、就職難の折から、男性は屋台を ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年526

元気、意欲が出る報道姿勢で、日本の未来を明るく

日本の歴史に残る大災害である「東日本大震災」だが、この不幸は逆に、日本人の団結力、精神力を改めて世界に示し、日本人同士が、思いやる気持ちを持つようになり、大人の対応ができるようになった。
功罪さまざま起きている震災だが、今では震災の中での、「功」の部分が大きくクローズアップされている一面もある。
 
また、予想だにしなかった海外の親切攻勢の中でも、いままで多くの国に、日本はODAなどで、面倒を見てきたからか、未だ貧しきODA供与先からも、分不相応な義援金、物資などを支援してくださり、思いもしなかったロシアの支援、親日家が多くいる台湾からの莫大な義援金など、中国を意識した支援の輪も広がっていて、 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年525

中国の成金富豪は、非合法で稼いだと95%の国民が思う

今や世界経済は、中国を抜きにしては考えられない、とするのが一般的ではないだろうか。しかし、その中国は輸出で外貨を稼ぎ、世界各国とビジネスをするも、多くは米国が中心であり、その米国の国債の安定株主は、同盟国日本であり、その日本は、今回の震災でも影響が出ているように、世界各国のあらゆる産業に素材、中核部品を供給、技術面でも重要な部分を握っているのである。
 
もし、日本が資金難で金策ができないことから、保有する米国債を売ったらどうなるだろうか。日本の企業が崩壊したらどうなるだろうか。
海外企業からの中国へのOEM発注が、東南アジア各国にシフトし始めた今、中国の経済崩壊は近いのか、内需拡大で回避でき ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。