2011 年 7 月 のアーカイブ

2011年729

宴の後の中国業界自動車は冬の時代へ向かうのか

デスクトップパソコン、ノートパソコンがパソコンの主流であるも、最近ではアップルが発売した、独創的なパソコン、それが「タブレット型」と言われる「iPad」である。早速、それを模倣したタブレット型PCが、シャープ、サムスン、LG、そして、中国の数知れない多くのメーカーから発売されている。
今や部品さえ揃えば、パソコンはアッセンブル産業と化していて、いかに早く市場に出して、儲けるかがポイントであり、時間との勝負のようである。
 
中国では、新しい製品が海外から輸入されて、ビジネスになると判断されれば、知的財産権など無視して、とにかく同じものを生産することは日常であり、西側企業からのOEM下請け生産を ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年728

政府の無策で超円高!素人外国為替のお笑い計算

連日の円高、27日の東京市場では、東日本大震災後の3月17日の「76.25円」に次ぐ、「77.57円」の超円高に、なんら対策、発信力ある発言、影響力ある行動がなされない菅政権に、経済界は翻弄されるも、このままでは、ますます企業の海外への逃避、税収減、失業者の増大が見込まれ、社会保障制度は崩壊、日本国は破滅へと向かってしまうのだろうか。
 
敗戦した日本、一応戦勝国の中国・韓国、しかし、日本人の努力・勤勉さで、現在の経済力ある豊かな日本を、先人達は作り上げたのである。それが、市民派と称する「器の小さな人物」を総理にいただき、立場が人を作ると言うも、朝鮮半島の傀儡、利益代理人を思わせる行動・発言、 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年727

海外への技術提供・進出は国益を長い目で考えて

基礎研究開発、そして技術の確立、製品化には相当の時間を要するが、その過程をスキップして、出来上がった技術だけを求める中国。
開発過程の情報を持ち合わせず、いきなり確立された技術だけを習得し、取りあえずは完成品を海外の技術提供企業から購入、その後は自国でノックダウン生産、時間を経て全て自国生産、最終的には契約を無視して、基礎技術の裏付けなくも、独自技術で開発したと称して、中国製の完成品を輸出する、これが中国のビジネスパターンである。
海外の技術提供各国、企業も、それが分かっているも、中国と言う見かけは大きなマーケットに負けて、技術提供しているのが現状である。
 
その典型が、高速鉄道、自動車、ロ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年726

韓国の金保有残高世界56位、日本の「1.88%」

食糧難ばかりか、金融制裁で資金不足の北朝鮮、非合法ビジネスの麻薬、偽タバコ、偽札、偽薬、海外大使館を舞台にした怪しいビジネス等、あらゆるチャンスを捉えて、資金稼ぎをしているが、中でも、兵器、特に途上国向けのミサイル輸出は、世界でもトップレベルと言う。
 
21日の韓国聯合ニュースによれば、途上国向けに、ここ20年年間に輸出されたミサイルの「42.5%」、510基は、北朝鮮製だとしている。
代表的な輸入国は、核でお付き合いのイラン、携帯で提携しているエジプト、カダフィが未だ万歳しないリビア、核の友好国パキスタン、政治不安定のイエメンなどで、今後、北朝鮮が核兵器や新兵器などを開発すれば、これら各国 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年725

面子は二の次にして、謙虚に学べ中国鉄道技術陣

中国を訪問すると、沿岸部ばかりか、今では内陸部でも、主要都市はどこも見掛けは同じようなたたずまいである。
多くの車が走り、高層ビル群が、そして、華やかなネオンに飾られた街の中、懐かしい中国を期待して、訪中した観光客は、明治村のような、作られた「旧市街・街並み」に出かけるしかないようである。
これも鄧小平氏の改革開放の一面のようだが、高速道路の橋脚の細さにビックリ、建築学的には問題が無いと言われるも、地震大国の日本の高速道路を見慣れている日本人には不安が、加えて、賄賂捻出のための「手抜き工事」があると言う。
 
街中には、幽霊ビルのごとく、入居していない高層ビルも、多々見受けられ、不動産投機の末 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。