2011 年 8 月 のアーカイブ

2011年831

中国を批判できない、米英の言論管理

面子の国「中国」、GDP世界2位、軍事費増大、外貨保有高世界1位なるも、ただで恩恵に浴せる国際的な金融システムがあると、日本や米国で、対中ODAはもう辞める時期ではの議論が、沸騰している中でも、見栄も外聞もなく、立場をわきまえずに、喰いつくようである。
 
国連工業開発機関・UNIDOは、アフリカ開発支援を謳う国連の専門機関である。その支援システムに、中国は途上国を装い、開発支援プロジェクト申請獲得件数では1位だと言う。これによって巨額の開発資金を合法的に入手し、日本の生活保護費と同様、本当に必要とする国々には資金が回されていないようだ。中国に続く、ずるがしこく資金を入手、活用しているのが、核 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年830

米格付け会社に翻弄される世界経済

今や世界経済は、格付け会社によって、コントロールされ、翻弄されていると言っても、過言ではないほど、その存在は大きく影響している。
格付け会社は、企業や団体から、発行する「債権」などの「価値」、つまり「格付け」をしてもらい、できるだけ高値で売り出したいのが本音であり、格付け会社は、多岐にわたる検査項目をチェックして、世界から信用される格付けをするわけであるが、中には米サブプライムローン破綻の如く、過剰に高い格付けをして、後日、大きな問題を起こす格付けミスもあるのも現実のようだ。
 
米国では、スタンダード アンド プアーズ(S&P)、ムーディーズ、フィッチなどが、中国には大公国際資信評価が、日本 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年829

まさか!コラムの効果ではないだろうが、中国で・・・・

国連では、1日を「1ドル」以下で生活している国民を、「貧困層」としているが、中国では、ODAのこともあるのだろうか、独自の「中華基準」を設けて、宇宙開発推進、外貨保有高世界一、GDP世界2位、軍事費増大の中でも、わが国はこれほどの「貧困層」が存在し、ゆえにODA始め、多くの国際的な優遇措置は必要であると、海外に喧伝している。
 
都市部でも、大学は出たけれど、就職ができずに、極貧生活をする人を中国では「アリ族」と言い、農村部からの出稼ぎ労働者「農民工」、出稼ぎ村と並んで、中国都市部の「貧困層」の代表クラスと言えようか。
 
中国では、仕事があり、医療レベルが高い、都市部への地方住民の一極集中を ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年826

金デブの訪露、2枚舌天秤外交で、中国の心境は

半導体、デジタル機器、造船、鉄鋼、家電製品などで、マーケットシェアーを世界的に伸ばし、日本のマスコミでも、韓国企業のマスコミ接待作戦が功を奏したのか、とかく話題に上る韓国企業だが、基礎技術力、研究開発投資も少ないせいか、独創的な商品は皆無に近く、多くの製品で設備さえ増強すれば、量産効果で安く生産ができ、為替も国家を挙げての「ウォン安」容認作戦で、外貨を稼ぐ政策に終始している。
 
アップルとサムスンのデザイン・機能の特許論争は、技術力無き韓国企業の典型で、もしアップル製品が出なかったとしたら、独自技術、デザインでサムスンはギャラクシースマホや、タブレットは商品化できただろうかと思うこのごろであ ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年825

竹のカーテンに隠された中国経済、西側計算では巨額債務か

中国のテーマパークと言えば、ディズニーやキティーちゃん、果てはガンダムを模した、典型的な「偽物・コピー」展示で有名だが、ここに来て、共産党国家発展改革委員会は、インフレ抑制、地方経済危機、不動産開発抑制の意味もあってか、地方政府が認可した一件当たり総投資額約60億円以上、敷地面積20ヘクタール以上の大型テーマパークの開発・建設を禁止することを発表した。
もっとも、中国のことゆえ、表があれば裏もある社会、投資額で、面積で、規制をクリアーする金額、サイズぎりぎりで開発をすることは目に見えているが。
 
この裏には、テーマパーク開発と称して、地方政府から土地の使用権を取得し、目的外利用、つまり住宅と ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。