2011 年 12 月 のアーカイブ

2011年1228

来年は世界の首脳が交代だ!日本にも変革を期待

野田総理の相次ぐ外遊が続く中、中国訪問では、米国への牽制なのか、「中国国債」最大「100億ドル」の購入、環境投資ファンドの創設など、中国側にとっては、沢山のお土産で、日本へは、仙台への「パンダの貸出」だけとは、御用聞き訪中のそしりを免れないだろう。
時期は偶然にも、北朝鮮で金正日総書記が死亡。「核」を持ち、飢餓状況で、軍事優先独裁国家ゆえに、国内政情不安定ないま、日本や周辺諸国ではリスクが高まっている。
 
今回の訪中では、北朝鮮と関係が深い中国に、拉致問題もあることから、「よろしく」としか言えない、日本である。それにしても、近代では日清・日露戦争と外国勢力に、内戦・内紛をきっかけに、国内侵略 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年1227

日本同様、人口急減で「国力」リスク高まるロシア

日本では人口減少で、国政の各所にアンバランスが生じ始め、その典型が社会保障費の増大、歳入の減少である。人口減少と併せて、高齢化社会になり、医療費や年金などの歳出が増え、GDPの落ち込みに伴い、「国力」にも影響が出始めている。
中国では、「一人っ子政策」の影響で、高齢化社会が予想以上に急激に進み、社会では女性が少なく、男性が多いと言うアンバランスが起きており、ここに来て一部地域では、条件付きではあるが、「複数の子供」を持つことを認める方向になっている。
 
人口問題の専門家は、10年後、20年後、果ては50年後の世界の人口予想を発表しているが、現実はその通りに人口増加は推移していない現実がある。 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年1226

サンタから見えた世相・・例年のボランティアを終えて

バブルの頃のクリスマスと言えば、銀座でお父さん達が、三角帽をかぶって、ほろ酔い、新宿、渋谷では若者がバカ騒ぎ、中にはシティホテルでお楽しみの皆さんもいた時代だった。
今では、不況が実感されるせいか、一時期売れ行きが伸び悩んだ、クリスマスケーキが売れ、ホームパーティ、ホームクリスマスで、「やむを得ず」の家族団欒の今年のクリスマス、不況が生んだ家族団欒とは、悲しい現実である。
 
筆者は、約25年ほど前から、このシーズンになると、ボランティアとして、サンタクロースの姿で、保育園を訪問、今では、老人施設や透析でお世話になった病院にも、慰問に行っており、毎年、夏ころには予定が決まるほどである。
きっか ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年1222

日本人も堕ちたな!保育料・病院代踏み倒し急増

歳入は減るばかりの日本、それでも社会保障は「大盤振る舞い」、各種手当は「大安売り」で、国民はそれが当然と思い、若者は意欲を無くし、目標も持たず、ただその日暮らしの、「蝉」状態である。
国民年金より、タクシー運転手の給与より高い「生活保護費」、これではまじめに働くより、うまくごまかして受給者になり、パチンコ、焼酎でも飲んでいる方が楽に決まっている。
母子手当て、子供手当、多くの子育ての「手当て」が無くては、子育てが出来ないとは、先人が笑っている。スポーツクラブ、ファミレス、旅行、多くの遊興を削っても、子育てをする気がない現代のママ達。こんな社会を招き、作ったのは、国民に媚を売る国会議員たちであり ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2011年1221

超円高を乗り越えて、自動車産業に再び日の出を

資源のない日本は、明治時代より、海外の技術者から当時の先端技術を学び、それをベースに、独創的な技術を開発、それらを生かして、独創的なもの作りで、現在の経済成長を確保している。
その裏には、連綿と続く莫大な技術開発・研究投資資金の存在があり、そこから基礎技術を蓄積し、応用技術へと展開している。
 
レンホウ議員ではないが、事業仕訳で、スーパーコンピューター研究開発費に関して、「1位でなくてはだめなのか、2位ではいけないのか」は、技術研究の継続性を無視した、無知極まりない指摘ではないだろうか。
資源がなかったから起きた一面もある「日本の戦争」、今では資源のない分、研究開発で新しい技術、資源を開発し ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。