2012 年 1 月 のアーカイブ

2012年131

金融機関間の真の日本の格付けは世界トップクラス

欧州財政危機は未だ収まっていないと見たのか、米国政府の「金融兵器」とも言える、米格付け会社は、欧州各国の「格付けを再引き下げ」するという。
そんな中、日本国債はフランスやドイツよりも「格付け」は下なるも、国債の金利では、「世界一安い」状況、つまり「信用」があるという事実は、世界の投資家の理解は、安心・安全であるということであり、だから低金利でも売れると言うことである。
 
1000兆円前後と言われる日本国債の発行額は、マスコミが不安を煽る際に使う、「国民一人当たりいくらに相当」と言うも、諸外国と根本的に違うのは、発行総額の「95%」近くが、「国内販売」されていると言う特長があることである。
  ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2012年130

中国の今年は産業構造転換年、技術創生元年となるか?

急速なモーターリゼーションが進む中国、1月12日の中国公安部交通管理局の発表では、2011年末現在、中国の自動車保有台数は「1億600万台」、運転免許保有者数「2億3600万人」に達しているとしている。
 
ここ5年間は、年平均「1600万台」のレベルで進む、中国の自動車保有台数だが、今年からは金融引き締め、ナンバー取得難、経済の安定化と言う踊り場状況などの、マイナス要因もあってか、今までほどの勢いでの増加はないと思われる。
保有台数を省別でみると、山東省や広東省などは「2000万台超」と、人口、ビジネス、経済状況を受けて多いようである。
 
昨年後半から顕著になった中国経済の安定化と言う「落 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2012年127

北朝鮮と韓国の「天地」ほども違う経済格差を見た

3代目が世襲した北朝鮮、実力不明の「金正恩」をいかに、実力・才能ある「人物」に仕立てるために、父親「金正日」から生前指示された、側近たちは功績作り・喧伝に躍起になっている。
顔を見ても締りのないただの「30歳前後のデブ」を、軍事的実績を作り上げ、軍の元老に至っては、「名称の素質あり」と言わしめ、才能面においても、「万能の天才」かのように、人工衛星打ち上げや核実験などで、国家の権威を高め、敵国を仰天させたとしている。
金正恩「君」の今の本音の気持ちを代弁すれば、「僕は何の才能もないよ。こんなでたらめ早く辞めて、ディズニーランドなど、自由に海外へ行きたいよ!」が聞こえるようである。
 
韓国の人口 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2012年126

米軍犯罪への日韓刑罰の対応の差の裏に何が

今では恒例になってしまった防衛大臣が代わるたびの沖縄訪問。仲井眞知事と防衛大臣の「ツーショット」は、まるで、どちらが立場が上なのかと感じるほどである。
先の大戦で、唯一、米軍が上陸しての戦闘が行われた沖縄は、戦後、長きに渡り米軍の管理下に置かれ、在日米軍基地の多くも所在する、敗戦の痛みを未だに引きずっている地域である。
地政学的にも、歴史的にも、重要な場所にある沖縄・古くは琉球であり、中国や北朝鮮の緊張が続く限り、いまの状況は続くことが見込まれるだろう。
 
日米安保条約や日米地位協定では、理不尽な米軍の暴挙に日本政府も成すすべもなく、最近まで、敗戦の悲哀が続く沖縄であったが、ここにきて、わず ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2012年125

対中ビジネスマン必読!中国経済は中長期で減速

共産主義国家の中国では、主要産業の多くは国有企業が独占的な地位を占めており、政府の庇護の下で、採算度外視でビジネスをする傾向があり、国有企業の内情はあまり公開されず、収支の真実は竹のカーテンの向こうにあって、見えないようである。
 
中国の新興建設機械企業である「三一重工」、製品の多くは車台やエンジンなど、基幹部品はドイツや日本など、海外からの輸入品であり、三一重工は実質「組み立てるだけ」であるが、販売価格は中国最大建機シェアーを持つ、日本の「コマツ」などより「20%」も安いことで有名だが、最近では、どこから資金を得たのか、常識外の販促費用を使い、ついにコマツを抜いて、一時的ではあるが、中国建 ......

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。