2013 年 7 月 のアーカイブ

2013年731

スマホにしてみたら、メールと音声通話しか使わず、従来携帯で十分だったの経験はありませんか?

情報機器全盛の現代、若者は携帯におカネをつぎ込み過ぎ、支払いに苦しみ、本来の目的を忘れ、意味のない苦労をし、スマホにしてストレスで、大人は疲れる、少し携帯や情報機器から、1日の時間の中で忘れる時間が必要な現代人ではないだろうか。韓国サムスン・ギャラクシーシリーズの売り上げ鈍化で、ソニー・エクスぺリアの売り上げが伸びているドコモ。これからは中国・華為の追撃が始まるだろう。


詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年730

韓国経済は国有企業も大赤字の倒産寸前だった

韓国は中国を政治的にも、経済的に頼る動きを見せているが、中国は韓国の思いとは裏腹に、中国から欧州に通じる新しい「鉄道網」を構築し、韓国経済に打撃を与えかねない状況になっている。河南省鄭州市を東側の終点とする、アジア経由欧州向け鉄道網の開通は、多国籍企業の製品や部品の集散地が鄭州市であることから、ここを起点にすることに意義があり、当該鉄道の途中には今後、安い労働力を目的に、海外企業の進出が計画され、輸送コストや生産コストで、韓国は勝負できなくなり、頼る中国を再考せざるを得なくなるだろう。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年729

内に外に圧力高まる中国経済と主席と首相の政策不一致?

日本では一時、地方都市を中心に、豪華な庁舎建築がブームだったが、維持管理や改装で費用がかかり、その後悔やんでいると聞いたことがった。
李克強首相は7%成長維持をというも、習近平国家主席は「節約」と「政府系建築物5年間新築・改装凍結」と、共産党内は意見が一致していないようだ。
日本でも安倍総理は景気動向を見て、景気上向き傾向で、消費税増税を予定通り実施か、消費落ち込みを懸念して、実施時期延長か、はたまた国際的な約束を無視して、とりあえず実施せずにおくのか、結論が待たれるが、ポスト安倍を狙っている麻生財務大臣は、立場上即実施を要望、中国同様一致を見ていないようである。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年726

収入格差と収賄が中国内政混乱の始めの一歩

中国では、社会格差の象徴として、法律を侵して刑に服する際も、共産党幹部、官僚、国有企業幹部たちは、古巣への反撃も考慮して、裁判にも手心が加えられ、刑務所に至っては、ホテルとガード下ほどの待遇の差があると言う。収入格差も、民間企業において、中間管理職と一般事務職とでは、大きな収入格差が存在すると言う。
上海では「18.5倍」、北京では「18.0倍」と、ともに約18倍前後で、世界で最も格差が大きい10大都市に選ばれたという。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年725

すでに身近なところで起きている中国の日本侵略に要注意

中国は戦後日本に共産主義を広めるために、「細胞分子」による、高等戦略があった。それが「歌声喫茶運動」で、その資金は中国から出ていたのである。
原発反対運動の裏にも、原発立地地域の反対者は少なく、成田闘争も終わり、多くは闘争目標を失った、左翼勢力のアジテーターであり、彼らにに乗せられた「にわか反対グループ」である。ここにも日本の経済成長を押さえこみ、軍事力を弱体化させたい中国は、原発反対による電力高騰、供給不足での経済成長への影響を狙って、日本左翼の原発反対運動に資金を提供しているのである。


詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。