2013 年 8 月 のアーカイブ

2013年830

中国マスコミ激評「信用と信頼」の日本文化、それを背景にした1000兆円超借金は内部債務ゆえ問題なしとも

中国政府のシンクタンク、中国社会科学院研究員は、「赤字の水準のみをもって国家の経済状況を測るべきではなく、日本の赤字は内部債務⇒90%以上が日本国内での国債販売⇒、これが増えても国家破産には至らず、この点がギリシャやキプロスと違う」と述べている。
そして日本では小学校のころから「信用と信頼」を重視した教育が行われ?嘘は最大の恥であることの教育を受け、彼らは社会に出てからも実践していると、日本よいしょの内容である。
この裏には、中国は「信用と信頼」がない国家で、嘘だらけだと言うことなのか。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年829

仕事を求めて中国から日本へ、その中国へ仕事を求めてベトナム&ミャンマーから不法入国

13億人超の人口を有する中国。労働賃金の急騰、一人っ子政策での人口アンバランス等があって、一部の産業で雇用難が起きた結果が不法入国者の大量採用である。なにしろ彼らなら年金や医療など、福利厚生の負担がなく、使い捨てにできるからだと言う。
中国人は日本にきて3Kの仕事に就き、中には不法滞在も、その中国に周辺諸国から不法入国して就労、水は高きから低きに流れるそのものである。
そのうちに、ベトナムやミャンマーにはどこの国の若者が不法入国するのだろうか。


詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年828

韓国人はベトナム人に思慮深さ、歴史対応を学べ!―立場をわきまえない潘基文国連事務総長の日本非難発言に、我が国は国連拠出金の一時凍結をすべきだー

韓国にはベトナム人のような思考回路はないようで、単純で民度が低く、懐の深さはみじんもない民族のようである。
ナチ・ヒトラー事案で多くの国民が死亡した東欧各国。先日、墓碑の前でメルケル首相は頭を垂れ、死者に詫びていたが、それを見た韓国政治家や国民は、「日本はドイツに見習え」と大合唱したそうだが、ヒトラーは東欧各国のユダヤ人を大量虐殺し、それをメルケル首相は詫びたのである。
では、メルケル首相が詫びた東欧各国に匹敵する国は、大量殺戮もしていない日本がヒトラーに相当するなら、東欧各国は「韓国」と言うことになるのだろうか。


詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年827

鄧小平復活の道を辿るか全面否認薄熙来裁判行方の混沌

薄熙来氏は、全面的に否認する中でも、復活時を考慮してか、「私は不完全な人間であり、独りよがりでもある。重大な過失と間違いがあった。共産党と群衆に申し訳ない」とも述べ、逃げ道を作っている。
これは、何度も失脚した鄧小平氏が、最後は復活して、改革開放までややり遂げ、今の中国の発展をものにしている事実があり、薄熙来氏復活もまんざらではない中国である。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年826

韓国経済の最大の弱点は脆弱な金融力だった

自国の企業からも見放された韓国の金融機関。韓国経済の最大の弱点は、脆弱な金融力であり、これに朴槿恵大統領が国民受けを良くするための、反日発言・行動が加わり、韓国経済はますますドン底にむかうようだ。
福田元首相の訪韓でご機嫌伺いする日本。被害者意識の塊「韓国:」では、日本が韓国の冷たい態度に耐えられrずに、頭を下げて日韓首脳会談を申し込んできたと論評するマスコミ、日本の思いやりは韓国には通じないようである

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。