2013 年 11 月 のアーカイブ

2013年1129

誰かこの国の暴走を止めてくれ!軍の完全掌握ができていないからか、内政の不満を外にそらすためか

中国の防空識別圏策定に関して、この2月には強硬派のお馴染み「羅少将」が、軍事専門誌にアイデアを発表したとか、先日の日中軍事現役・OB会議で、日本側が「防空識別圏」という考えが、国際的にあるということを述べ、中国側は興味を持ち、これは使えるぞと思ったのか、諸説あるも、直近では、日本が早くに防空識別圏を決めたことは問題で、まずはそれを撤回しろの、尖閣諸島問題でのr歴史を遡っての権利主張と、同じ論理展開をしている中国である。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年1128

ウォン安と日本の3分の1の電気代&法人税半分があっての韓国の輸出競争力も終焉を告げる?

韓国企業の中国進出の特徴は、「郷に入っては郷に従え」ではなく、見栄張りで、メンツを異常に意識し、韓国流が世界で一番と思っている韓国人ゆえか、中国市場では韓国流を押し通すことで、スクラップ&ビルトを繰り返しているようだ。
それに比べて、インド商人、華僑に対して「印僑」というのだが、彼らの発想は、長らく英国の植民地だったからか、真の民度が高いからか、タタグループにみられるように、進出国の歴史や国民性を踏まえたビジネススキームで成功していることは、韓国の対極にあるようである。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年1127

かくも安易に5000万円を猪瀬知事に貸した裏に徳州会のどんな目論見が・・・

猪瀬都知事になぜ「徳州会」は、かくも安易に「5000万円」という大金を提供したのだろうか?この裏には徳州会の大きな目論見があるとみている筆者である。
石原前都知事と徳田氏とは昵懇であり、石原新党設立の際も資金提供を確約した関係だが、石原氏が都知事在任中に、徳州会は「西東京徳州会病院」の建設にあたり、地元医師会や都庁・衛生局・病院経営本部幹部が反対するも、石原氏のごり押しで最後は、病院建設にOKが出た経緯があるが・・・

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年1126

韓国の恥を世界に告げ口する朴槿恵大統領の外交

最近の韓国マスコミの自嘲的な論調もさることながら、韓国が頼る中国マスコミですら、「米国も支持する集団的自衛権で、行き詰まり、手も足も出なくなった韓国外交」という記事を載せている。
反対をし続ければ「韓国の孤立」は間違いなく、韓国メディアですら「容認すべきだ、日韓首脳会談を早く実現」と掲載している。
海外歴訪を続けた朴槿恵大統領も、日本を除く一連の外交日程を消化し、当面の外交予定はないようだが、諸外国訪問では、日本の歴史問題などを、他国で告げ口するかのような振る舞いに、結果、韓国の「恥」を世界にばら撒いていることに気付かないようである。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2013年1125

売られた喧嘩は買うべきか?宣戦布告にも等しい尖閣諸島に中国が防空識別圏策定の行方

尖閣諸島をめぐる中国側の対応は、厳しさを増すばかりで、「基本路線は譲らないぞ!」を意識してか、尖閣諸島には「領土問題が存在する」としていたが、ここにきて「100%中国領土」だとするような、「防空識別圏」を策定し、自国領土だから当然だとして、偵察機を飛ばしている。
これは「喧嘩を売っている」としか言いようがなく、まさに「宣戦布告」であり、一触即発状態が現場では日々続くことと思われる。

詳しくは本文で・・・
年間契約コラム購読(個別配信)に関しては、銀行振り込みも可能です。詳しくは「お問い合わせ先」まで、メールを。


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。