2014 年 3 月 のアーカイブ

2014年331

いよいよ消費税8%実施!いかに影響を短期間に収め、傷を浅くできるか、試さる総理の実力

消費税8%にアップで、消費低迷を安倍政権の失政とするのは間違いで、誰がトップの時でも、税率アップをすれば落ち込むのは当然、いかにこの期間を短くするか、落ち込みの度合いを浅くするかが、安倍総理の手腕にかかっているということではないだろうか。
社会保障は「タダ」ではなく、有料であることを国民はしるべきである。それにしても、国民に痛みを負わせる消費税アップ、国会議員の定数削減はどうなったのだろうか。立場においてできることは、利害を捨てて国を挙げてすべきではないだろうか。

詳しくは本文で・・・
コラムの転載・引用・書籍化・講演・年間購読現金払いに関しては、「 nitta-tamaki@e-jimukyoku.org 」までお問い合わせを!

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年328

ここまで未成熟だったのか、ダニ以下の国・韓国―日米韓3者会談で安倍総理の韓国語挨拶に対して

朴槿恵大統領の反日・告げ口外交は、米オバマ大統領のセッティングでやっと会議を持てるというのに、健在であった。
ドイツ・フランクフルター アルゲマイヤー紙とのインタビューでは、「日本の一部政治指導者が、慰安婦問題などで韓国国民の心に傷をつけていることが、日韓関係を阻害している」と、毎度聞き飽きた指摘をしている。
そして、この解決には、戦後、ドイツが周辺国に謝罪し、和解してきた歩みを、日本も参考にすべきだ、と述べている。この取材は、ハーグ訪問前に行われており、これから和解をしようとしていることに、水を差すような朴槿恵大統領の発言ではないだろうか。

詳しくは本文で・・・
コラムの転載・引用・書籍化・講演・年間購読現金払いに関しては、「 nitta-tamaki@e-jimukyoku.org 」までお問い合わせを!

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年327

米国の高血圧症「高い方」基準値上げに、日本の学会は追随するのか?

糖尿病で言わるのが「高血圧症」である。高血圧が続くと「慢性腎不全」に最悪なりかねず、人生を諦めざるを得ない辛い「透析」をやるか、腎臓移植しか生きる方法はなくなるというわけである。
日本人に多い高血圧症だが、原因として言われるのが食生活で、塩分濃度が濃い「漬物」の摂取が挙げられている。
米国共同国内委員会は、60歳以上の高血圧患者の血圧目標値を、従来の「高140-低90mmHG」から、「降圧剤投与血圧」に関して、高い方の血圧を「150」に緩和する新指針を提言している。しかし腎臓病や糖尿病疾患のある人は、高いほうの血圧を「140」とするとしている。

詳しくは本文で・・・
コラムの転載・引用・書籍化・講演・年間購読現金払いに関しては、「 nitta-tamaki@e-jimukyoku.org 」までお問い合わせを!

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年326

敗戦の屈辱感を味わった日本人、間違っても再び戦争をするほど馬鹿な国民ではない

戦後約70年、敗戦の結果、未だに米国の僕であり、戦争もしていない韓国にとやかく言われ、優秀な日本国民が先の大戦では沢山死んでいるも、この繁栄・成長であるが、もし、死亡した優秀な彼らがいたなら、もっと日本は早期に先進国になっていたと思うと、先の大戦ばかりか、戦争のむなしさを感じざるを得ない・・・
戦争の悲惨さ、敗戦後の長期に渡る屈辱感を味わった、日本国民は間違っても「戦争」を自ら起こすことはないだろう。
しかし、売られた喧嘩ではないが、小規模ないさかいは今後も起きかねず、独立国家としての最低限の「防衛能力の準備」は必要であることを、国民は理解すべきではないだろうか。

詳しくは本文で・・・
コラムの転載・引用・書籍化・講演・年間購読現金払いに関しては、「 nitta-tamaki@e-jimukyoku.org 」までお問い合わせを!

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年325

捏造・数字操作も限界!デフォルト容認で始まった中国経済の崩壊 ・・カネに敏感な富豪は不動産処分へ・・

内需不振、経済成長のごまかし限界、影の銀行と不良債権問題、地方政府の不良債権問題などは、4大銀行の経営に大きく影響し、不透明で情報開示不十分、数字操作の会計報告を作成しても、香港上場の4大中国銀行の時価総額は、株価の大幅下落で、「約7兆700億円」の減少となったという。
3月13日付ブルーバーグ通信によると、香港上場の中国銀行、工商銀行、建設銀行、農業銀行の、今年初めから3月12日までの平均株価は、「15%」の下落となっている。
危機を察した本土の富豪や大富豪は、所詮、不動産や株でもうけた「あぶく銭」で購入した資産だろうが、香港に持つ高級住宅を次々と処分、一部地域はゴーストタウンに、価格は暴落方向だという。

詳しくは本文で・・・
コラムの転載・引用・書籍化・講演・年間購読現金払いに関しては、「 nitta-tamaki@e-jimukyoku.org 」までお問い合わせを!

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。