2014 年 10 月 のアーカイブ

2014年1031

米国人、中国人から見た韓国人の国民性

韓国では、反日ムード蔓延の中では、なかなか本音を言う勇気がないのは当然だが、最近、漢陽大学名誉教授の「ミン・ヒシク氏」は、日本メディアとのインタビューで、「日本統治時代を実際に体験したことを踏まえ、日本に対し、感謝している」と述べている。
もしロシアに統治されたらと思うとぞっとする。日本の統治を経験したインテリの多くは、日本の統治に本音では幸いと思っているという。
日露戦争でロシアが勝っていたら、韓国はロシアの属国になり、国民はシベリアで強制労働、最後は、韓国はロシアの飛び地に、それは日本の統治と比べると「天地」ほども違うことを、韓国のインテリは分かっているはずだと。
日本統治時代は、反日感情などはなく、差別もなく、社会格差がひどかった旧態依然の韓国で、インフラ整備、産業を興し、教育システムを構築してくれ、コメが出来れば韓国人も、日本人も、差別なく平等に分配してくれ、生活苦の家庭は少なかったと。こんな韓国人がいることも、日本人は知るべきではないだろうか。

詳しくは本文で・・・


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年1030

韓国経済は危機的状況だと、相次ぐ韓国マスコミの本音の悲鳴

産経・加藤前ソウル支局長が引用したことで知られる、韓国・朝鮮日報26日付では、「韓国の対外純資産はマイナス43億ドルなのに、日本はプラス3兆2000億ドル」として、両国のあまりの金融格差を紹介、低成長の泥沼にはまった「韓国」、政府も国民も危機意識の共有を提言している。
そして、日本はバブル崩壊も生き抜いたが、これは好況期に蓄えておいた資産が支えになったとしている。

詳しくは本文で・・・

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年1029

環境が良く、移民が自由なら、相手国の習慣など関係なく、地球の果てまで出掛ける中国人

自分の利益だけしか考えない中国人。彼らにはエセ愛国の表現はできても、真に中国を愛する気持ちの欠片もなく、環境の悪い、共産主義の中国を、カネが出来たならば出てゆきたいと誰もが考えているという。
彼らの移民先のトップは「カナダ」であるも、カナダ現地では、余りにも過ぎた中国移民、日本の高層マンションでも起きているように、「中国人だけの社会」を作り、中国流を押し通すことで、カナダでも迷惑がられているという。

詳しくは本文で・・・

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年1028

為替が牛耳る国家の栄枯盛衰

戦後経済の中で、為替の動きを見ると、面白いことが分かった。1970年は「1ドル=360円」の最後の年であった。この時期の人民元は「2.46元」、韓国ウォンは「310.56ウォン」なるも、2012年10月20日の対ドルレートは、円が「79.31円・約78%円高」、人民元は「6.25元・約154%元安」、ウォンは「1105.26ウォン・約250%ウォン安」であった。
*分かりやすくするために、単純に「米ドル」と円・人民元・ウォンを比較、実際の為替世界ではこの発想は通じないことを参考まで。
日本は欧米の金融作戦と言うべき、為替の自由化を受け入れたことで、中韓とは真逆の「為替高」を経験するも、厳しい条件を克服し、欧米も驚く驚異的な発展をしてしまい、欧米の作戦は失敗、より日本経済、日本国民、日本国を強くし、先進国へ導いてしまっている。
厳しい経験をさせてくれた、欧米の金融マフィアに日本は感謝をすべきではないだろうか。

詳しくは本文で・・・


記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2014年1027

余りにも安すぎたウォンに甘えて努力を怠ったツケが回ってきた韓国経済。★360円→現状108円を単純比較すれば98.18ウォンになるも、現状1056.5ウォンとは!

韓国民ですら、愛国を言いながら、韓国内ではサムスンスマホ優勢な中、本音は「76%」が、「アップル・iPhone Plus」が欲しいとは、サムスン経営陣もビックリではないだろうか。
朴槿恵大統領は、相も変らぬ「反日」で凝り固まっており、自ら反日的な発言や行為を継続している中、なぜか自民党・二階氏や額賀日韓議員連盟会長は、日本は「譲るべき」のような発言が出てくる裏に、何かがあるのかと疑いたくなるのは当然ではないだろうか。かの国は、日本が譲れば譲ったで、より反日度を高め、より高度な対日要求をしてくることは、歴史を見れば明らかである。
そんな韓国の経済は、「泥船沈没寸前」、「第二のセウォル号」になりかねない状況のようだ。ウォン高・円安を嘆く前に、ウォン高を生かした「輸入・内需拡大」をすべきなのだが、余りにも過ぎた輸出中心経済政策は、内需を無視しているのが現状である。

詳しくは本文で・・・

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。