2016 年 2 月 のアーカイブ

2016年229

18歳以上選挙権で懸念される若者の投票行動とそれを扇動する組織・単純フレーズ連呼の怖さ

米国ではトランプ氏の単純フレーズ連呼が話題だが、日本では今夏行われる参議院選挙から、約240万人の18歳以上に選挙権を与えられ、そこで懸念されるのが、社会経験がなく、純粋・無垢?な若者を扇動するような単純フレーズの連呼で、若者の投票行動を促し、日本を間違った方向に向かわせないとかという懸念がある。

これが杞憂で終わればいいのだが、事はそういかないようで、立候補が予定されている人物の中には、18歳以上の若者に受けが良い単純フレーズともいえる、「平和・戦争法案反対・安倍政権打倒・大企業優遇をやめて中小企業に光を・憲法9条維持・社会保障の充実」など、税収の裏付けなく使うことだけの公約、政治・外交・経済などの理念や政策など関係なく、ひたすら綺麗ごとを連呼し、若者を扇動する懸念があることが見込まれる。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2016年226

本当に強いのか日本円?危機の時の円買いの裏話

円の信頼性の裏には、24年連続世界一位の対外純資産・約370兆円、中国に次いで世界2位の外貨保有高・約1兆2000億ドル、郵貯など個人金融資産1600兆円がある。
加えて、質素な生活、勤勉な国民性、危機の時の国民の一致団結、内需率も高く、モノつくりで世界をリード、しっかりした産業構造など、負債も多いが、これらが複合的に作用して円の信用の裏付けとなっている。

円安に振れたら、豊富な外貨で適正な為替レベルに、ドルを売って円を買い支える。これができるのが豊富な外貨資金を持っている、日本だからできるのである。
今、日本はマイナス金利で、それに目をつけた投機筋は、日本で買った円を、米ドルに換金、金利差で差益を得る「キャリートレード」をしており、それが「円高」の一因にもなっている。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2016年225

年々の人件費高騰と先が見えない為替に、シャープ買収に名乗りを上げた台湾鴻海まで逃げ出す中国

中国では10年で「4倍」にもなった人件費は、今でも上昇しており、生産効率、品質、人件費、輸出入経費、納期を踏まえれば、今では中国でのモノつくりの必要性はない様だ。
シャープ買収に名乗りを上げた鴻海の中国法人である「フォックスコン」始め、電源装置大手の「台達電子」、鴻海に次ぐOEM大手の「緯創資通」など、約80社の台湾企業が、中国などからインドに工場を移しつつあり、工場建設を進めているという。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2016年224

信念のない外交、日米の後を追うモノつくりが招いた韓国経済の深刻・危機的状況

韓国経済がいま歴史的な危機に直面している。価格競争力では、ウォン安に支えられて企業努力をしなかったツケと、創造性なきモノおつくりで、画期的な製品つくりができない国民性、競争力の低下が危険レベルに達しているとは、朝鮮日報の報道である。
後ろを振り向けば、中国が品質で迫り、価格では追い抜かれ、前を見れば、日本・米国がはるか遠くに見える状況である。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2016年223

地獄の沙汰も金次第とばかり受刑身代わりもある中、トイレ近代化が進む中国庶民生活の摩訶不思議

俗に「地獄の沙汰も金次第」は、現実に現代の中国に存在するようだ。 中国では闇市場を中心に受刑代行がよくあるようで、交通事故の身代わりが多い様だが、その仲介人は警察官、そして警察も刑務所も賄賂が動く出来レースとはとはさすが中国である。
ここでも身代わりが立てることができるのは、「金・人脈・権力」があるものだという。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。