2017 年 4 月 のアーカイブ

2017年428

驚愕!中国は2025年までに「200か所」近い空港を建設

日本やドイツから、中国国内向けだけと言う契約で、高速鉄道を導入、中国において現地生産をしたら、気が付けば「独自開発技術」として、海外に高速鉄道として売り込み、中国とのビジネスの難しさが露呈している。
中国で高速鉄道が走り始めてから10年、今では世界中の高速鉄道の総延長を超えるまでに。
因みに、今までに2万キロ以上を敷設、2020年までにプラス1万8000キロとは、採算は当然度外視、メンツ優先いかにも中国らしい話題である。

陸も驚異的なら空もそれを超えるのが中国である。一般的に空港を作るとなると時間を掛けてFSをし、開港しても採算は取れるかなど議論するが、上からの命令があれば即着工というのが中国のようで。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年427

本当は口程でもないのかトランプ大統領 内政も外交も進展なし

未だに多くの政府高官人事が決まらないトランプ政権。1月にスタートしてが、本格始動するのは今夏以降と言われるのは異常ではないだろうか。
トランプ大統領が就任してから、多くの首脳と会談はするも、高官人事が決まらない中での会談は内容のないものであり、貿易についても従来の「多国間交渉」から、米国に有利と思われる「2国間交渉」への転換を言うも、高官人事が決まらないために、詳細な話し合いはできないまま時間だけが過ぎているとみられる。

政権内には日本通は見られず、大使に決まった人物も、かって「ボストンコンサルティング」日本支社に居ての日本通というレベルである。
大統領が代わるたびに、連邦政府職員が約4000人程度入れ替わるのだが、

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年426

こんなにも違う日本と中国の家庭・家族の在り方

中国人のモラルの低さは、訪日した中国人を見れば分かるが、資源大国と言うこともあるのか、消費文化が進む、携帯電話・スマホにおいても、低価格を売りにしていることもあって、機種変更後の旧モデル回収率は「2%」と、日本では代理店などでの回収システムが確立されていて、希少金属を回収するを重視して、100%近い回収率に比べて、モラルの低さを物語る数字となっている。
希少金属産出世界1位の中国と言われることで、資源に対する発想が脆弱の様だ。
一方、未回収の携帯電話については、ゴミとして廃棄しているのが実情のようで、もったいない話である。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年425

中国市場で韓国車販売前年比約50%のマイナス

北朝鮮は臨戦態勢を決め込んでいるようで、平譲科技大学にいる「韓国系米国人教授」を、大学外での活動を理由に拘束、これで米国人の拘束は「3人」となり、所謂「人質」をとることで、交渉を有利に進めようとの魂胆が見え隠れしているが、対米交渉でこの手法が通じるのかは疑問である。
中国側所在の「延辺科技大学」とともに、提携関係にある、韓国キリスト教系私立大学の平譲科技大学は、北朝鮮内で唯一「インターネット」が自由に使え、教員すべてが欧米系を占めており、そのうちの「1人」が今回逮捕されるも、未だ同大学には「約60人前後」の米国人教師がいるといわれることから、彼らが「人質」にならないか懸念されている。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年424

中国の海外投資には国の未来を見据えた内部基準があった

先の全人代で中国は、今年の経済成長率6.5%前後としたが、舌の根も乾かぬうちに、第2四半期連続で「6.9%」と発表、景気低迷で社会不安が増すことを恐れた政府が、カンフル剤を副作用はあるも打った結果と見られる。
それと言うのも、秋に予定される「党大会」を控え、ネガティブな経済状況では、習近平の国家主席再選も危うく、再選を確実なものにするためには、一時的にも、好景気を実感させる必要があったと思われる。
その結果、所謂「ゾンビ企業」と言われる国有企業も、内需拡大策で再び一時的に需要増を受けて、増産に入り、一部国民はゾンビなんて嘘だったと言い始めていて、現政権の作られた実績に満足の様だ。このツケはいつか倍となって襲ってくるのだが・・・

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。