2017 年 5 月 のアーカイブ

2017年531

世界市場で韓国製品を脅かし始めた台頭する中国企業&製品

日本ではアップルのアイフォンが断トツに人気があり、低価格製品では中国製がしのぎを削っており、韓国製と言うこと、サムスンスマホが火を噴いた問題など、評判が必ずしも良くない中、かつてのシェアー回復はできるのか懸念されている。
そしていま、サムスンばかりか、自動車の現代においても、中国メーカーの影が忍び寄っているという。

朴槿恵大統領時代の経済混乱を、立て直してくれはずの文在寅大統領だが、経済音痴と言われ、経済立て直しへの期待は裏切られそうである。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年530

独メルケル首相に学ぶ 対米貿易交渉のポイント

G7から帰国後は、ロシアゲートに関する記者の質問を警戒してか、G7成果に対する会見もなく、それどころか相変わらず、自身に都合の悪い記事が出ることで、メディア批判のトーンは高まり、ついに言うも言ったり「ツィツター」で、トランプ大統領やホワイトハウスに関する、リークされた記事の多くは、「メディアが捏造」と投稿に至っては、環境問題なし同様、反論もするきにもならないだろう。
こんな状況に、来る中間選挙のこともあってか、身内の共和党内からも距離を置かれ始め、トランプ大統領の孤立は深まるばかりである。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年529

出るも地獄留まるも地獄 底なし沼状況のハイリスク中国ビジネス

外貨不足に陥っている中国、個人の外貨持ち出しばかりか、国有企業の海外企業買収・投資など、外貨の海外持ち出しを制限するも、政策的に投資が必要と思われる、先進技術企業買収など、国の重要政策・メンツのためには、外貨を優先的に融資しているのが現状である。
しかし待て、この資金は実は、海外大企業による中国でのビジネスの利益だったり、進出外資の保有する外貨であり、それら資金の多くを中国は、自国の海外投資や一帯一路、果ては「AIIB」の資金に流用しているのである。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年526

徹底した管理・監視国家の中国への過ぎた依存に警告

中国政府が怒り心頭だという。先行して格付けした米・フィッチ レーティングスの後を追うように、米格付け会社・ムーディーズによる、中国国債の格付けが従来の「Aa3」からワンランク下げの、「A1」となったからだが、これは「1989年」以来「28年ぶり」であり、中国政府が国家として認めていない「台湾」より低く、イケイケでここまで経済成長をしてきた中国、秋の党大会を控え、習近平国家主席の評価にも影響が出るとあっては、中国にとってはただならぬ思いがあって当然ではないだろうか。

今後は米S&P社も追随して、中国の格付けを下げると思われ、米3大格付け会社が出そろうことになるが、この裏には米FRBや国際決済銀行・BISの影が見え隠れしているとみているのだが。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2017年525

GDP世界2位の大国「中国」は先進国か途上国か?

中国のGDPは日本の2倍以上だが、国民一人当たりで見入ると、日本の「10分の一」弱であり、実際は数字の捏造を踏まえると、それほどではないといわれている。
中国は軍事的・経済的には「大国」だが、国民はメンツもあって「先進国」と言い、政府は先進国と途上国を時として使い分けているが、世界銀行の定義では、「中国は開発途上国」に分類されている。

GDP世界2位の中国が、開発途上国とは中国人のメンツ丸つぶれだが・・・・

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。