2018 年 1 月 のアーカイブ

2018年131

韓国の落ち込みが激しい中、訪日観光客増加の訳は

訪日観光客が増加の一途のなか、訪韓する日本人は、韓流大好きな中年女性が中心で、多くの日本人はタダであっても訪韓する気にはならないようで、その原因は歴史的なものにあるようである。
訪韓する外国人別でみると、2017年度では中国が約440万人、次に日本人223万人、米国人96万人、台湾人95万人だったが、人口比率から見ると「日本人」が断トツの一位である。

最近では北朝鮮の脅威もあって、減少にドライブがかかっているが、オリンピック目当ての客の足元を見た、高額なホテル代や隙あらば観光客をぼったくる・・・・

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2018年129

日本の基幹技術なくして成り立たない中国社会

中国は最近、新4大発明と称して、高速鉄道、スマホ決済、シェア自転車、ネット通販を挙げているが、高速鉄道は日本やドイツから技術挿入し、国土が広いからか、営業総延長距離が長いというだけで、シェ自転車も先進国の「レンタカー」の中国版、ネット通販はその規模が大きいだけで、西側世界では古くからあるシステム、そして「QRコード」を使った、スマホ決済システムは、日本で発明された技術で、日本では普及しなかった技術を、中国では偽札、汚札、そして政府が国民監視の便利だから導入されたものである。

QRコードはもともとトヨタグループの電装会社「デンソー」が開発した技術規格で、

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2018年126

北朝鮮を批判できない中国習近平主席独裁者へ

中国では都市部を中心に、大気汚染防止のために暖房に「石炭」を使うことを禁止、高価な天然ガスへの転換を進めており、都市部の中小企業で、環境対策が出きていない企業の地方移転を推進しているが、それによって地方から都市部に仕事を求めてきた労働者たちは、安い石炭暖房ができず、住まいもなくなり、仕事もなくなり、都市部から締め出しを喰っているという。
この裏には、地方戸籍の者が都市部に集中、それを排除するためとみられるが、ベトナムですら中国式の戸籍を廃止、戸籍の一本化しているのに、社会基盤改革には鈍感な中国である。

全てが平等だった計画経済から、鄧小平氏の提唱により、改革開放が進み市場経済に移った中国、その結果、「カネがすべて」という風潮が生まれ・・・・

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2018年125

国内生産回帰に踏み切れない内需不振の韓国産業界 

日本では日本生産回帰した企業が、2015年だけでも「724社」になるも、韓国では2014年から2016年の3年間で、わずか「43社」に過ぎず、日本と韓国の産業界の発想の差が鮮明に出ている。
この結果は、韓国に大きな失業率を生む原因となっている。日本生産回帰で、日本製の日本ブランド「メイド イン ジャパン」復活、価値ある日本製品が生まれている。
一方、いつまでも海外生産にこだわり、韓国製という安くみられるブランドがいつまでも価格だけが売りになっている。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。

2018年124

骨の髄までしゃぶりつくされる中国進出外資

中国の2017年度の海外投資が、前年比29.4%減少したことを、中国商務省が発表している。
外貨が無制限にある訳でもないのに、海外不動産投資に湯水のごとく、制限なく融資した結果、一部不動産業者は採算度外視で、海外不動産を買い漁ったりしたが、その裏には、お決まりの銀行幹部や共産党幹部の賄賂が横行していた。
結果、外貨不足に陥り、人民元安を防ぐため、不要不急な海外投資は規制され、産業に不可欠の投資や国家戦力上必要な投資以外は、実質融資が止まっているという。

記事の全文をお読みになるには、会員登録(有料:1,000円)が必要です。
会員登録を希望される方はこちらにて手続きください。
会員費はクレジット決済となります。